マヌカハニーの規格UMF、MGO、NPA、MGSとは

マヌカハニーの規格UMF、MGO、NPA、MGSとは

ニュージーランドの一次産品産業省(旧農務省)はマヌカハニーの規格案を発表しました。これは、ニュージーランド産と偽ったマヌカハニーが市場に出回り、ニュージーランドの農産品全般の信用を落としかねなくなったからです。

マヌカハニーの定義

ニュージーランド政府は、マヌカハニーの定義を以下のように明確化し、成分の含有量を提示することで消費者を裏切らないように努力をしています。

・マヌカハニーの定義づけを、マヌカ樹木の花粉数レベルを確認することによって決める。

・マヌカハニーの定義づけを、抗菌成分のメチルグリオキサールの活性度と、含有量で決める。

・マヌカ樹木と花粉と、メチルグリオキサールの含有量のマヌカを計り、マヌカハニーの品質を確定する。

マヌカハニーの効果は今や世界的に認められ、日本でも多く輸入されています。しかし、残念なことに偽ものも出回っているようなので、ニュージーランドが国をあげて定義づけをし、規格を標示することで信頼して購入できます。

マヌカハニーのブランドマークについて

日本でよく見かけるマヌカハニーの基準は、UMF、MGO、NPA、MGSです。それぞれの数値が高いほど、マヌカハニーの殺菌作用が高いことを示します。これらのマークが記載されていない場合は、専門の機関で検査がされていない可能性があります。

純粋なマヌカハニーのメチルグリオキサールの含有量は、一般のハチミツの100倍近くもあり、以下のような医療効果があると言われています。

・ピロリ菌、大腸菌、腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌などの胃腸疾患の改善。

・虫歯、口内炎、歯周病の防止。

・のどの痛み、鼻づまり、風邪、インフルエンザの予防。

・コレステロール値の低下。

・糖尿病の改善。

・副鼻腔炎の治療。

・創傷、切り傷、火傷の治療。

・その他にも、整腸作用やがんの予防などにも効果があると言われています。

*副作用がなく医療効果が得られるマヌカハニーは貴重なので、購入する際は規格標示をよく確かめましょう。

マヌカハニーのさまざまな規格について

UMFとは

ユニークマヌカファクターのことです。マヌカハニーに含まれる殺菌作用を医療用消毒液であるフェノール溶液と比較して、それを数値化しています。

UMFマーク付きのラベルは、ニュージーランドのはちみつ協会が成分を認定した証明です。

MGOとは

MGOとは食物メチルグリオキサールのことです。MGO300+と記載されていれば、そのマヌカハニーに1㎏当たり300mgのMGOが含まれているということです。

UMFとMGOではMGOの方がより確実に殺菌作用を表すと言われていますが、このMGOと言う表示はニュージーランドのマヌカヘルス社が商標登録をしているため、使用することができません。

NPAとは

NPAとは食品メチルグリオキサールを意味する非過酸化水素のことです。

NPAはUMFとほぼ同じ検査をおこないますが、公的な検査機関ではありません。そのため、UMFはちみつ協会に払うロイヤルティーがないので、企業努力で商品の値段を安くすることができます。

MGSとは

MGSとは、もともとUMF規格を作ったピーター、モラン博士が新たに立ち上げた規格です。MGS10とは10%フェノール溶液と同じ数値になります。

TAとは

TAとは、トータルアクティビティー検査というはちみつの検査方法で、マヌカハニーだけでなく、その他のハチミツでもTA表記があります。

*マヌカハニーの効能を示す数値にウエダ―スプーン社の「kFactor」があります。こちらのマヌカハニーは唯一、遺伝子組み換え作物が不使用です。

マヌカハニーは数字が大きいほど殺菌力も高い

マヌカハニーはどの表示に関しても、数字が大きいほど殺菌作用が高いといえます。

マヌカハニーは日本でも殺菌力が注目され、手術後の化膿止めとして用いられている病院もあるようです。

一般の家庭でも健康のために用いられるようになりましたが、体に良いとはいえ、摂取しすぎると血糖値が上がるので、1日の摂取の目安はスプーン2杯~3杯までにしておきましょう。

また、摂取する時間帯は、満腹だと抗酸化作用が弱まるので、空腹時に摂取するようにしましょう。空腹時に直接なめると、胃の粘膜の隅々まで届くので効率よく体調を整えます。

医療用として用いる場合は、最低でもUMFならUMF10+以上、MGOならMGO100+以上を選ぶようにしましょう。

おやつの甘味に使ったり、肌荒れ予防にパックに使ったりと気楽に使うなら、テーブルハニーと呼ばれるUMF5+(MGO30+)といった安価なものもあります。

安価なものでも数字が表示されているものを選ぶようにしましょう。

最後に

ニュージーランド政府のメチルグリオキサールの数値の証明の標示は「MG」となっており、マヌカハニー1㎏中にメチルグリオキサールが何g入っているかを示しています。

マヌカハニーにはさまざまな規格がありますが、どの規格が正しくてどの規格が間違っているということはありません。

私たちが商品を選ぶ際には、確かな目をもって規格をチェックし、数字の表示があるものを購入しましょう。

当然、数字が高ければ値段も高くなります。マヌカハニーを医療用として用いるのか、料理や美容のために用いるのかなど目的によって選ぶと良いでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. マヌカハニーが花粉症に効果No1!抗アレルギー研究からもお墨付き

    マヌカハニーが花粉症に効果No1!抗アレルギー研究からもお墨付き マヌカとは、マオリ語でフトモ…
  2. マヌカハニーの口コミと評判からわかる6つの効果

    マヌカハニーの口コミと評判からわかる6つの効果 芸能人の愛用者も多いと話題のマヌカハニー。でも…
  3. マヌカハニー効果・効能って?知っておきたい驚異の7大パワー

    マヌカハニー効果・効能って?知っておきたい驚異の7大パワー とにかく健康効果がすごいといわれる…

おすすめ記事

  1. マヌカハニーに含まれている驚くべき栄養と効果とは マヌカハニーは普通のハチミツに比べてお値段も…
  2. 便秘、二日酔い、動脈硬化予防まで!はちみつの効果10選 はちみつといえば、美しい色合いと自然な…
  3. マヌカハニー に発がん性の副作用はないが食べてはいけない人はいる マヌカハニーは薬ではなく完全…

ランダム記事

  1. マヌカハニー のオーガニック基準とは?チェックするべき3つのこと

    マヌカハニー のオーガニック基準とは?チェックするべき3つのこと ハチミツの中でも希少な存在の…
  2. MGOかUMFだけじゃない!マヌカハニーの選び方

    MGOかUMFだけじゃない!マヌカハニーの選び方 マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサール(…
  3. マヌカハニーの規格UMF、MGO、NPA、MGSとは

    マヌカハニーの規格UMF、MGO、NPA、MGSとは ニュージーランドの一次産品産業省(旧農務…
ページ上部へ戻る