便秘、二日酔い、動脈硬化予防まで!はちみつの効果10選

便秘、二日酔い、動脈硬化予防まで!はちみつの効果10選

はちみつといえば、美しい色合いと自然な甘さが特徴ですが、実は思っている以上に身体に良い食べ物。

砂糖やジャムの代わり、なんて考えていたら大きな間違いです。はちみつの効能を知れば、毎日の生活にかかせないものとなるかも。美しさも元気も目いっぱい詰まっている、はちみつのたくさんの効能を見ていきましょう。

はちみつにはどんな効能があるの?

普段、パンにぬったり、ヨーグルトに入れたりして何気なく食べているはちみつ。知らない間にあなたの身体を、強化してくれているのかもしれません。

はちみつには次のような効能があります。

  • 強力な殺菌作用
  • 抗炎症効果
  • 皮膚炎の改善
  • 口内炎の改善
  • 疲労回復
  • 二日酔い対策
  • 便秘解消
  • 整腸作用
  • 動脈硬化の予防
  • 風邪の予防

まるで万能薬のような文言が並んでいますが、もちろん薬ではないのでピンポイントで劇的に治るというわけではありません。

それでも、傷口にぬってガーゼを当てて置くと、化膿せずに早く治るといったような抗菌、抗炎効果は確実に認められています。これが体内でも作用しないわけはありません。

最近では、胃がんや胃潰瘍の原因となるピロリ菌、悪玉菌といわれる大腸菌やブドウ球菌などを退治してくれるという報告があげられています。胃腸の調子が良くなったり、便秘が改善したりするのも納得できる話ですね。

はちみつをお湯でといたものでうがいをすると、のどをいたわると同時に、ウィルスの侵入も防ぎます。甘いはちみつならば、子どもも喜んでうがいを習慣にしてくれそうです。

ミツバチが集めたはちみつには、なぜこんなにたくさんの効果があるのでしょうか。

はちみつの何がそんなに身体によいの?

一匹のミツバチが生涯に集める蜜の量は、たったティースプーン一杯程度といわれています。しかし、そのほんの少しのはちみつは、ムダのない栄養素で満たされています。

はちみつの中に含まれている主な栄養素は次のとおりです。

  • ビタミンB1・B2
  • 葉酸
  • カルシウム
  • アミノ酸
  • 酵素
  • ポリフェノール

ミネラル27種類、アミノ酸は22種類、酵素80種類。はちみつは実に180を超える物質で構成されているのです。

人工的に作られるビタミンとは違い、はちみつのビタミンは活性型と呼ばれるもの。これは、ビタミン効果が少量でも効率よく働く形状で、はちみつではその9割が活性型ビタミンです。

砂糖の甘さがショ糖なのに対し、はちみつの糖質はブドウ糖と果糖です。これらは体内ですばやくエネルギーに変わり、疲労回復を助けます。体力を消耗するアスリートたちにはちみつ愛用者が多いのも、道理にかなったことなのですね。

肝臓は体内の毒素などを分解する、重要な役割をもつ臓器。アルコールの分解でも良く知られていますよね。この肝臓の機能をサポートするのが、果糖です。

はちみつが二日酔いに良いというのは、このため。また、お酒を飲む前にはちみつを摂っておくと、悪酔いを防ぐことができます。

動脈硬化の食事療法にはちみつの効能を提唱したのは、アメリカのローランド博士です。はちみつに含まれているコリンとカリウムが、動脈硬化の改善に働きます。

コリンは血管の拡張・血圧降下に働いて、コレステロールの血管への付着を防ぎます。カリウムには、余分なナトリウムを排除する働きがあり、この2つの効果によって、動脈硬化が改善されるのです。

その他にもビタミンCやポリフェノールの働きにより、アンチエイジング効果が期待できるなど、はちみつは美容と健康をしっかりとサポート。肌の奥の細胞レベルからキレイになりたければ、はちみつを毎日食べるのが近道といえるでしょう。

こんなに優れた効果をもったはちみつですが、何か注意する点はないのでしょうか。

はちみつの注意点

とても健康に良いはちみつなので、赤ちゃんにも、と考えるお母さんもいるでしょう。でも、1歳未満の子どもにはちみつを与えてはいけません。

大人にはまったく問題がないのですが、はちみつの6~7%にはボツリヌス菌が存在します。まだ十分に腸が発達していない赤ちゃんには、危険です。

この菌によって症状が出ると、食欲が落ちて元気がなくなります。重症化すると、神経に作用し、呼吸器不全をおこすこともあります。
1歳を過ぎると、腸内細菌が増えてボツリヌス菌があっても、影響を受けなくなります。健康のためも、積極的に活用すると良いですね。

どれほど質の良いものであっても、はちみつの糖分が高いことに変わりはありません。食べ過ぎは肥満につながります。はちみつの適量は、1日大さじ1~2杯。
限度を守った量を毎日続けることで、健康効果が期待できます。

はちみつのビタミンや抗菌成分は比較的熱に強いといわれています。それでも、高温で調理すると、効果は半減します。飲み物に混ぜる程度ならば問題ありませんが、調理に使う際には、火を止めてから入れると効能が失われません。

まとめ

いかがでしたか?童話の中でもおなじみのはちみつに、これほどたくさんの効能があるとはびっくりですね。自然とミツバチたちがもたらしてくれるステキな贈り物。元気とキレイの源のはちみつを、正しく、大切にいただきたいものです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. マヌカハニーが花粉症に効果No1!抗アレルギー研究からもお墨付き

    マヌカハニーが花粉症に効果No1!抗アレルギー研究からもお墨付き マヌカとは、マオリ語でフトモ…
  2. マヌカハニーの口コミと評判からわかる6つの効果

    マヌカハニーの口コミと評判からわかる6つの効果 芸能人の愛用者も多いと話題のマヌカハニー。でも…
  3. マヌカハニー効果・効能って?知っておきたい驚異の7大パワー

    マヌカハニー効果・効能って?知っておきたい驚異の7大パワー とにかく健康効果がすごいといわれる…

おすすめ記事

  1. マヌカハニーに含まれている驚くべき栄養と効果とは マヌカハニーは普通のハチミツに比べてお値段も…
  2. 便秘、二日酔い、動脈硬化予防まで!はちみつの効果10選 はちみつといえば、美しい色合いと自然な…
  3. マヌカハニー に発がん性の副作用はないが食べてはいけない人はいる マヌカハニーは薬ではなく完全…

ランダム記事

  1. マヌカハニーの規格「MGO」の基礎知識!UMFよりも正確性が高い

    マヌカハニーの規格「MGO」の基礎知識!UMFよりも正確性が高い 健康維持や美容に効果のある不…
  2. マヌカハニーを選ぶならUMF10+以上がおすすめの理由

    マヌカハニーを選ぶならUMF10+以上がおすすめの理由 UMFとは、ユニーク、マヌカ、ファクタ…
  3. マヌカの白い花が生み出すマヌカハニーとは

    マヌカの白い花が生み出すマヌカハニーとは マヌカハニーの人気は、その効能が知られるほどに高まっ…
ページ上部へ戻る